澁澤 龍彦。 澁澤龍彦おすすめ作品6選!エッセイから小説まで

澁澤龍彦さんのファンの皆様、語りませんか?

👈 『幻妖 日本文学における美と情念の流れ』現代思潮社、1972年(アンソロジー)• 、白水社から最初の訳書『大跨びらき』()を上梓、初めて筆名「澁澤龍彥」を用いた。 世の中で常識とされていることに疑問を投げかけ、幸福よりも快楽を求めるように呼びかける著者。 『フェティシズム論の系譜と展望』『越境するモノ』『侵犯する身体』だ。

澁澤龍彦やばい。最期がやばくて龍子のあとがきがやばいので、結果やばい|ジュウ・ショ(アート・カルチャーライター)|note

🚀 なぜCOVID19でこれほどの社会混乱が生じたか、痒いところを掻くように書いてくれた。

11

[mixi]澁澤龍彦邸で飲み会

😙 著書と(座談会・共著も含んだ)編著の集成• 机の上の筆立、地球儀、眼鏡、自作のための資料本(中略)机の後ろの本棚には、サド全集やエロティシズム関係の書物が並び、机の前方にはコクトーやジャリ等々の原書群、机の周りには夥しい数の辞典類。 先だって、やっとその小さなキックオフをした。 しかし理系の過程で学んだドイツ語の成績が悪く、敗戦後に英語を経てフランス語を学び、これが性に合ったらしく実力をつけてゆく。

澁澤龍彦とは 読書の人気・最新記事を集めました

💢 まあ、編集とはそういうものだ。

18

『フローラ逍遥』(澁澤龍彦)の感想(26レビュー)

❤ この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。

1

【澁澤龍彦の生涯】破天荒なシュールレアリスト

☣ ただ、フェチの驚くべき底辺の歴史と実情が重要なので、こちらはジャン・ストレフの分厚い『フェティシズム全書』(作品社)と川島彩生が編集構成したフェチ愛好家のためのマニアックな『フェチ用語事典』(玄光社)で補っている。

8

澁澤龍彦おすすめ作品6選!エッセイから小説まで

📱 芭蕉が墓を近江にしたかった理由も納得できた。 2021-07-13 16:48:04• 『妖精たちの森 野中ユリ画集』講談社、1980年(画集解説)• 「ガール・ミーツ・シブサワ」(『エイリア綺譚集』国書刊行会、2018)は、交通事故で死んでしまった語り手が、生前の澁澤に会いに行く話である。

17