これが 愛 じゃ なけれ ば 何と 呼ぶ のか 僕 は 知ら なかっ た。 「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか僕は知らなかった」米津玄師の『馬と鹿』とい...

馬與鹿

😛 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えば まだ続く 行こう 花も咲かないうちに 作詞作曲:米津玄師 歪んで傷だらけの春 と対比するくらい、心が張り裂けそうになっていた主人公でしたが、同じ境遇 似た傷 を持つ仲間のお陰で、 花の咲いていない春という逆境の中でも、進む意思を灯すことが出来たのです。 それは同時に互いのチームを守ることでもあります。

13

馬と鹿

😂 顔も名前も覚えられない私が、たった一人だけしつこく覚えている人。 やりきれない気持ちが伝わってきますね。

3

これが愛じゃなければ、何と呼ぶのか|碧月はる|note

👀 とにかく、前進しようとしているのです。 」と強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの 作詞作曲:米津玄師 ここでは、米津さんが抱く楽曲の意図。 会社に尽くし、自分の仕事に誇りを持って戦ってきたのに、左遷され出世の道を絶たれた状態。

20

馬與鹿

🌭 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 体の奥底で響く 生き足りないと強く まだ味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 誰も悲しまぬように微笑むことが 上手くできなかった 一つ ただ一つでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えばまだ続く 行こう花も咲かないうちに これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 恐れるままに花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない 願いが消えない 止まない yuga n de kizu darake no haru masui mo u ta zu ni aru i ta karada no okusoko de hibi ku i ki ta rinai to tuyo ku mada azi wau sa ka mi o e ta gamu no azi sa me kire nai mama no kokoro de hitotu hitotu naku si ta ha te ni youyaku noko xtu ta mono kore ga ai zya nakere ba nanto yo bu no ka boku ha si ra nakaxtu ta yo be yo hana no namae wo tada hito tu dake ha ri sa keru kurai ni hanasaki ga hu reru kokyuu ga to maru ita mi ha ki e nai mama de ii tuka re ta sono me de nani wo i u kizuato kaku si te aru i ta sonokuse kage wo bara ma i ta ki zui te ho sikaxtu ta mada aru ke ru ka ka mi si me ta suna no azi yotuyu de nu re ta sibahu no ue hayaru mune ni tazu neru kotoba o waru ni ha mada haya i daro u dare mo kana sima nu you ni hohoe mu koto ga uma ku deki nakaxtu ta hito tu tada hito tu de ii mamo re ru dake de sore de yokaxtu ta noni amarini kudaranai nega i ga ki e nai dare ni mo uba e nai tamasii nani ni tato eyo u kimi to boku wo kakato ni noko ru ni ta kizu wo ha re ma wo yu e ba mada tuzu ku i ko u hana mo sa ka nai uti ni kore ga ai zya nakere ba nanto yo bu no ka boku ha si ra nakaxtu ta yo be yo oso reru mama ni hana no namae wo kimi zya nakya dame da to hanasaki ga hu reru kokyuu ga to maru ita mi ha ki e nai mama de ii amarini kudaranai nega i ga ki e nai ya ma nai. 痛みは消えないままでいい 花の名前を呼ぶように、そっとその名前を心の中で唱える。 今回紹介した「馬と鹿」は、流して聴くと、ラブソングのようにも受け取ることが出来ますし、意図を踏まえて聴くと、がむしゃらに這い上がろうとする姿を連想することができます。

2

これが愛じゃなければ、何と呼ぶのか|碧月はる|note

🖐 どこまで物理的なものに対する表現で、どこまでが心の比喩として考えるかは各々の想像にゆだねる部分ではあるのですが、すべてをビジュアルに置き換えると、上記のように考察できます。

米津玄師「馬と鹿」歌詞の意味(解釈)とは?「ノーサイド・ゲーム」主題歌

💔 触れることが出来そうなほどくっきりとした痛みが、私たちの隣にはいつもあって。 そのためまずは、 両者の動物が象徴するもの を調査してみました。

7