スペイン 風邪。 2年目に致死率が上がったスペイン風邪

日本はパンデミックをいかに乗り越えたか~100年前のパンデミック・スペイン風邪の教訓(古谷経衡)

💓 ここの実際芝居に行ったのかどうかの探求が作品の中心になります。 さらに、1918年のインフルエンザの感染者のうち、最多ではないにせよ、かなりの人々が(大量生産できる抗生物質がまだ存在していなかったせいで)二次感染で亡くなったことである。

3

「流行感冒」解説【志賀直哉】【スペイン風邪】|fufufufujitani|note

✆ 第3波の患者数・死亡者数は比較的少数であった。 論文の間違いが、論文の信頼性を担保する査読という網をかいくぐり、見過ごされたなら、その間違いはただちに修正されるべきである。

6

百年前に世界的に感染拡大したスペイン風邪が、当時の世界経済に与えた影響は限定的だった(?)(久保田博幸)

🤭 これは現在「咳エチケット」として推奨されていることとほとんど同じ内容で、現代のインフルエンザ対策と同じことが100年前に推奨されていたことに驚きます。 現在の新型コロナウイルスと大きく異なるのは、18歳から44歳という若年・壮年層や健康な成人の致死率が高かったことである。 そこで同誌の編集者や統計コンサルタントに連絡をとり、統計値の間違いを指摘し、間違いが生じた原因と思われる事実について発見した内容を説明した。

5

スペインかぜ

❤️ では「石(いし)」は?同僚は「きみ」ですから、石長比売(いわながひめ)とと考えたくなります。

スペイン風邪、猛威の記録 100年前の記事で新型コロナと比べてみた|【西日本新聞me】

😋 しかし、スペインインフルエンザ当時の人々がどのようにしてパンデミックと戦ったのか、忘れること無く検証し、油断せず準備することが大切です。 また、多くの経済学者は、今まで見てきたように、感染拡大の抑制が多少長い目で見れば経済の悪化をもたらさない、ということを指摘し始めている。 もうひとつは、医学ライターと医学を専門とする図書館員が執筆しただ。

19

百年前のスペイン風邪を振り返る!~『感染症の日本史』磯田道史著を読んで~

🤟 学校の休校や人ごみの禁忌など、これまた現在の状態と重複する部分が多い。 1918 Influenza: the mother of all pandemics. まあ、それを容認しないとならないわけで。 学校、劇場、教会の閉鎖、集会や葬儀の禁止、店の営業時間制限など、対策は当時と基本的には同じだ。

20

過去のパンデミックレビュー|内閣官房新型インフルエンザ等対策室

✍ 1889年以降に生まれた人々は、1918年に流行した種類のインフルエンザウイルスを子どもの頃に経験(曝露)していなかったため、免疫を獲得していなかったのだ。 そして、けた違いの死者を出した昭和の戦争などの出来事に埋没したと歴史家はみる(速水融「日本を襲ったスペイン・インフルエンザ」)。 新聞は「前流行」ほど騒がなかったものの、全国的な流行が断続的に生じ、終息したのは翌1920年春だった。

16

歴史が教えるコロナウイルスの収束時期

☢。 論文の間違いが誤解やパニックをもたらす恐れがある場合は、なおさらだ。 しかしこのようなパンデミックは、20世紀を含め過去に何度も起こり、そして人類はその都度パンデミックを乗り越えてきた。

19

歴史でわかる経済危機 :スペイン風邪の時代とは 100年前の「英vs独」と酷似する「米vs中」の構図=板谷敏彦

☝ ただ、現時点で最も注目すべき点は「後流行」の存在だろう。 N Engl J Med 2005; 353: 2209-2211. 志賀もそこに埋没しますが、客観的になって考えてみると感染拡大防止とは少々違います。