Zoom ブレイク アウト ルーム 事前 割り当て。 【覚えておくと便利!】Zoomのブレイクアウトルームの参加者を「事前割当て」する方法

ZOOMのブレイクアウトルームをCSVファイルを使って事前割り当てする方法

⌚ ブラウザの場合はミーティングタブに移動する。 Zoomは便利だけど、 「ホストはめっちゃ大変」と感じている方も多いはず。

【完全版】Zoomブレイクアウトルームの詳細と使い方を設定解説!

👐【神業】ブレークアウトルームの設定!手間暇を大幅カットするホストのテクニックとは ブレイクアウトルームの神機能である「事前割当」はほとんどの方が知りません。

2

【覚えておくと便利!】Zoomのブレイクアウトルームの参加者を「事前割当て」する方法

😉 たとえば、企業研修の場合です。 Zoom社提供のサンプルCSVファイルを書き換えて作成 テキストエディタを使用する場合 メモ帳などのテキストエディタを起動して、以下の規則に従って割り当てを記入します。

17

Zoomのブレイクアウトルーム

☮ そのため、 ブレイクアウトルームを活用したいホストは、有料版ライセンスの利用をおすすめします。

【実践編】ZOOMを使った大人数の研修会を開きたい方へ WEB研修会の実施プロセスを大公開!

🤟 jp サンプルを使用せずに作成 テキストエディタを使用する場合• 議論状況の確認や説明等をする際に利用いただけます。 ここにCSVからのインポートという機能があり、大人数のイベントの際は利用すると設定を短縮することができます。

CSVファイルを用いてZoomのブレイクアウトルーム参加者を事前に割り当てる

🤟 ブレークアウトセッション開始後に,セッションの時間を延長することはできますか. A.ブレークアウトセッションを作成する際に,「時間切れ時に自分に通知」にチェックを入れることで,指定した時間が経過した際に通知がきます.通知が来た時,「ブレークアウトルームの公開を維持」をクリックすることで,ブレークアウトセッションの延長を行うことができます. ただし、最大容量に割り振るためには、の導入が必要です。 すると割り当てられます。

1

【Zoom運用】ブレイクアウトルームの最初の設定と、ルーム割り当ての工夫ポイント

💔 オプションを開くと、 ・参加者によるルーム選択を許可 ・割り当て済みの全参加者を自動でブレイクアウトルームに移動 ・ブレイクアウトルームは次の時間後に自動的に閉じます。 小グループの話し合いをしやすくする工夫 こちらも当日の資料より抜粋 小グループの話し合いをしやすくする工夫として、各グループに話し合いの進行(兼タイムキープ の方と記録 WEB研修の実施後、収録集を作成するためそのための記録をする方 、そして話し合いの内容を可視化して残すグラフィックレコーダーの方にご協力いただきました。 (バージョン5. セッションの開始後,初期設定では実施時間を延長することはできません(議論する時間が足りず,延長しようとしてもできない. 詳細から行えること(参加者) グループレベルでブレイクアウトルームの有効無効を設定したいときは、 ユーザー管理から グループ管理を選択し、有効にしたい グループ名をクリックし グループ設定タブから ブレイクアウトルームを有効にすればOKです。

6