サリドマイド 事件。 サリドマイド物語 part1:奇形児を生んだ薬害事件

サリドマイド事件のあらまし(概要)

⌚ (次項参照) 元々、イソミンとプロバンMの新聞広告量の経時変化のみから、両者の販売量の大小を推し量ることは不可能であったと言わざるを得ません。 同社は、グリュネンタール社(西ドイツ)のサリドマイドを導入して、カナダではケバドンという商品名で既に販売中であった。

19

3分でわかる技術の超キホン サリドマイドとは?(薬害事件の過去、そして新たな可能性)

😘 なお、これらの発症例が、新たに薬局で購入した未回収の商品によるものか、あるいは家庭内で手持ちしていた残薬によるものかは不明です。 安全と宣伝された薬を飲んだ母親から、重い奇形を背負った子どもが次々と生まれた。 この薬剤によって、手足に欠損を負った子どもたちが生れました。

20

薬害奇形の苦しみ、戦いの半世紀〜ETV特集「薬禍の歳月〜サリドマイド事件・50年〜」(GALAC)

💋 この報告は、日本産婦人科学会雑誌(昭和38年、15巻、9号)に内海捨三郎ら5人の連名で論文になっている。

2

サリドマイド事件の概要|日本とドイツの和解/原因/被害者

🤭 これほど悲惨な大量薬害を起こしたサリドマイド事件も、40年以上過ぎて当時の辛い出来事も薄らぎつつあったのですが、ここへ来てブラジルで新たにサリドマイド児が生れているという話を、ブラジルサリドマイド被害者協会からの手紙を読みました。

13

サリドマイド事件の概要|日本とドイツの和解/原因/被害者

✍ サリドマイドを開発したのは、当時西ドイツにあったグリュネンタール社です。

4

「サリドマイド事件について」

☏ サリドマイドが日本で多くの悲惨な犠牲者を出したのは、日本の製薬会社、厚生省の対応の遅さであった。 それによると、上肢低形成型のうち下肢低形成合併例が3名あり、「うち1名が重度低形成で移動には車椅子が必要」としています。

3

サリドマイド事件のあらまし(概要)

🙌 具体的には生まれてきた子供の手が極端に小さかったり、聴力障害をもっていたりしたのです。 レンツ博士の警告を受けた西ドイツ政府は、即時にサリドマイドの回収を始めたが、日本では回収決定までに10か月を要した。

12

「サリドマイド事件について」

😙 「レンツ警告を境に睡眠薬の広告をやめ胃腸薬プロバンMを大々的に売りまくったということで、一種の在庫整理と言われてもしかたがないやり方です」。 ところが、1961年疫学調査(レンツ博士の警告)から先天異常「サリドマイド胎芽症」や胎児死亡といった催奇性と因果関係があるとされ、日本では1962年9月に販売停止と回収が行われました。